クレジットカードのクレジットとキャッシングの違い

クレジットカードを申し込む時カードにキャッシング機能が付いている場合が有ります。



それで審査が通り易いようクレジットだけ申し込む人もいますが、クレジットとキャッシングは審査が別になっているから、クレジットだけ申し込むのは意味が無いです。クレジットとキャッシングはそれぞれ対応する法律が違いまして、審査も別々になります。



クレジットの方は割賦販売法で総量規制の対象外ですが、キャッシングの方は貸金業法で総量規制の対象になります。
クレジットとキャッシングの審査は別々に行われて、クレジットの方が審査が甘いです。



それで両方申し込んだ場合、クレジットだけ審査が通ると、キャッシング機能のついていないクレジットカードが送られてきます。



逆にキャッシングだけ審査が通るようなことは無く、キャッシングが通ればクレジットも通ります。



しかし信用情報はどちらも同じでして、キャッシングでブラックになったりクレジットの方でブラックになったりした場合は、どちらも審査が通らなくてクレジットカードの契約は出来なくなります。



それでクレジットの方の審査が通ってキャッシングの審査が通らなかった場合は、他でのキャッシングの借り入れ枠が多くて返済能力が無いと判断されたからです。



だからクレジットカードにキャッシング機能を付けたいと思った時は他での借金を完済して解約をする必要が有ります。



解約しないと完済していても借入枠が残っているとして、キャッシングの契約は認めてもらえないようになっています。

関連リンク

ネットでクレジットカードを使う時の注意

クレジットカードは、ネットショッピングを行う時にも利用することが出来ます。ネットショッピングを行う時に、クレジットカードを利用することで、手続きも簡単に欲しい商品を手に入れることが出来ます。...

more

クレジットカードの利用方法

クレジットカードは現金を持たずに買い物ができ、インターネット通販などでも振込み手数料をかけずに支払いを行えるため便利です。これを利用するためには、申し込みを行って審査に通る必要があります。...

more
top