クレジットカードの審査で大切なこと

クレジットカードの申し込みを行った場合には、必ず審査が行われます。



審査は申込人の属性や信用情報を基に行われます。


クレジットカードを利用すればカード会社が立て替えた商品代金を後日支払わなければいけませんので、きちんと支払いが出来る安定した収入があることが最低条件となります。



ただし収入があれば正社員でなくても、パートやアルバイト、派遣社員の方でもクレジットカードを作ることが可能です。
ただし勤務形態や年収などによって審査の難易度は異なりますので、収入の少ない非正規雇用の人は審査に通らなかったり、利用可能額が少なくなってしまうことは否めません。



審査では申込人の属性の他にも、信用情報機関の信用情報を参考にされます。信用情報には過去の支払い状況や他社の借入状況などが記録されています。

もし既にクレジットカードを所持していた場合に、もう一枚作ろうとするケースでは、既に所持しているカードの利用状況と支払い状況が重要となります。



最初のカードを作った時よりも収入も増えているので審査は通るだろうと思っていても、支払いを度々遅延している場合には審査に通らない恐れもあります。またクレジットカードとは別に、カードローンなどで多額の借入をしている情報なども全て信用情報に記録されていますので、その影響により審査に通らないこともあります。

あくまでも収入に見合った金額を利用して、きちんと遅れずに支払いを行っていることが大切です。



支払日に間に合わなかったとしても必ず遅延の記録が信用情報に残るわけではありません。



業者によって対応は様々ですので、もし支払日を忘れてしまった場合には、すぐにカード会社に連絡をして支払いを行えば、大丈夫なケースも多々あります。



ただし1日でも遅れれば、すぐに信用情報に記録される場合もありますので、期日に遅れないことが大切です。



関連リンク

クレジットカードのクレジットとキャッシングの違い

クレジットカードを申し込む時カードにキャッシング機能が付いている場合が有ります。それで審査が通り易いようクレジットだけ申し込む人もいますが、クレジットとキャッシングは審査が別になっているから、クレジットだけ申し込むのは意味が無いです。...

more

クレジットカードの審査で大切なこと

クレジットカードの申し込みを行った場合には、必ず審査が行われます。審査は申込人の属性や信用情報を基に行われます。...

more
top